1. HOME
  2. ご案内

【PRESIDENT経営者カレッジ】夏の禅寺で「落語と幽霊画」を愉しむ

2023年夏にも開催し、多くのみなさまにご参加をいただきました全生庵での「落語と幽霊画」の教養講座。ご好評を受け、本年は落語の演目を「怪談 牡丹灯籠」に替え、またご紹介する貴重な幽霊画も、一部を入れ替えての講座開催のご案内です。

名だたる企業経営者をはじめ、政治家では中曽根康弘、安倍晋三、石破茂など、日本の命運を握るリーダーの参禅で知られる東京・谷中の全生庵。幕末から明治にかけて活躍し、「四谷怪談」「番町皿屋敷」と並ぶ日本三大怪談「怪談 牡丹灯籠」の原作者でもある落語家・三遊亭圓朝の墓所でもあり、圓朝の幽霊画コレクションを所蔵することでも、知る人ぞ知る寺となっています。

日本人にとっての夏の風物詩である「幽霊」をテーマに、「落語」と「日本美術」という、ふたつの文化に同時に触れることのできる貴重な機会です。

落語の演目は、三遊亭円朝、25歳の作(1863)とされる長編「怪談 牡丹灯籠」から「お札はがし」。上演回数も多く、歌舞伎にもなっている人気の怪談噺です。一方の日本画では、「足のない幽霊」のルーツとされる円山応挙(伝)の幽霊図をはじめ、美人画の大家である鏑木清方、同じく美人画を得意とする鰭崎英朋らの作品を、日本美術の世界にも知己の多いご住職のナビゲートでご覧いただきます。

訪日のお客様の姿を見ない日のない昨今、落語も幽霊画も、海外に誇ることのできる文化・芸能として、ぜひとも押さえておきたい知識・教養です。この機会にぜひ、日本の夏ならではの風物詩をご体験ください。

2024年8月9日(金)18:00~19:20
会場受講:17:30〜 受付開始
*受付にてお名前をお申し出ください。 会場へは10分前までにお越しください。

※お申込み、オンライン受講、お問合せ及び詳細は下記、株式会社プレジデント社HPにてご確認下さい。

会場:全生庵(東京・谷中) (東京都台東区谷中 5−4−7 全生庵)

お申込み・詳細はこちら

[主催] 株式会社プレジデント社 https://eventregist.com/e/liberalarts20240809