1. HOME
  2. ご案内

落語中興の祖・三遊亭圓朝ゆかりの「幽霊画展」 全生庵で開催(8/1~8/31)
東京・谷中にある全生庵(ぜんしょうあん)(臨済宗国泰寺派、住職:第七世現住職 平井正修)にて、2022年8月1日(月)より31日(水)まで、「幽霊画展」を開催します

江戸末期から明治にかけて活躍し、「牡丹燈籠」「真景累ケ淵」「死神」など、多くの名作落語を創作した落語中興の祖・三遊亭圓朝は、怪談創作の参考に数多くの幽霊画を収集していました。伝・円山応挙というものから、柴田是真、伊藤晴雨、河鍋暁斎など、著名な画家たちが描いたさまざまな幽霊たち。現在は、圓朝の墓所がある全生庵でこれらのユニークな幽霊画を所蔵しており、毎年8月の1ヶ月間のみ特別公開しています。

プレスリリース: https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000062587.html

【開催概要】

全生庵 幽霊画展
・場所:全生庵(東京都台東区谷中5-4-7)地図 : https://zenshoan.com/access/
・期間 :2022年8月1日(月)~2022年8月31日(水) ※土日祝祭日も開催
・開館時間:10:00~17:00(最終入場16:30)
・拝観料 :500円
・アクセス:JR・京成電鉄 日暮里駅 徒歩10分/東京メトロ千代田線 千駄木駅(団子坂下出口)徒歩5分

尚、新型コロナウィルス感染症予防策を講じ入場制限又は開催変更を行う事が御座いますので予めご了承下さい